出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > イェスペルセン 近代英語文法VI

イェスペルセン 近代英語文法VI
― A Modern English Grammar on Historical Principles Part VI Morphology ―

編著者:
Otto Jespersen (著) 丸田忠雄 (訳)
ISBNコード:
978-4-7589-1386-7
発売日:
2022年5月30日
定価:
5,940円(税込)(A5・512頁)
カートに入れる 戻る

内容

イェスペルセン著『近代英語文法』(MEG)第VI巻の内容の翻訳である。本巻「形態論」では、英語の屈折変化、語形成の歴史的発達が、古英語、ゲルマン諸語、古フランス語、ギリシア・ラテン語まで遡り、網羅的に解きほぐされる。イェスペルセンは、屈折でも語形成でも、混沌から明晰へ向かうという。これを彼は「効率」への収束と捉える。煩雑な屈折変化の水平化、無駄を削るべく多くの同形形態の出現(一方文脈から99.9%識別可能)、そして節略表現としての複合語や縮約形の頻用。本巻は、英語の発達が効率への志向であると例証する。

目次

第I章 序説

第II章 動詞における人称語尾

第III章 動詞における人称語尾(続き)

第IV章 動詞における時制形成

第V章 動詞における時制形成(続き)

第VI章 裸形の語

第VII章 裸形の語(続き)

第VIII章 複合語

第IX章 複合語 完結

第X章 重複複合語(Reduplicative Compounds)

第XI章 母音の変化;構成素の追加はない

第XII章 子音の変化;形式素の付加はなし

第XIII章 母音の語尾

第XIV章 通常の-er語尾

第XV章 rをもつ他の語尾

第XVI章 通常のs語尾

第XVII章 s語尾を用いての語群形成

第XVIII章 不変化詞における語尾-s-st

第XIX章 他の破擦音の語尾

第XX章 語尾-n-en

第XXI章 鼻音をもつ他の接尾辞

第XXII章 ラテン語の接尾辞

第XXIII章 ラテン語の接尾辞(続き)

第XXIV章 歯音を含む接尾辞

第XXV章 最後の接尾辞群

第XXVI章 接頭辞

第XXVII章 前置詞的接頭辞

第XXVIII章 接頭辞、結び

第XXIX章 短縮形

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集