出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 音韻論と他の部門とのインターフェイス

最新英語学・言語学シリーズ18
音韻論と他の部門とのインターフェイス

編著者:
加賀信広・西岡宣明・野村益寛・岡崎正男・岡田禎之・田中智之 (監修) 時崎久夫 岡崎正男 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-1418-5
発売日:
2022年6月28日
定価:
3,960円(税込)(A5・268頁)
カートに入れる 戻る

内容

音韻論と他の部門とのインターフェイスは、句や文の広範な音韻現象と統語論、意味論、語用論との関わりを解明することを目的として言語理論ともに発展してきたダイナミックな研究分野である。本書では、対象を音韻論と統語論のインターフェイス(第I部)と英語の抑揚をめぐる諸問題(第II部)に絞り、現在までの研究の流れを整理し、それぞれのテーマについての2人の著者の研究成果も提示しながら、今後の研究の展望を示す

最新英語学・言語学シリーズの一覧を見る

目次

第I 部 音韻論と統語論のインターフェイス

第1章 音韻論と統語論のインターフェイス:概観
第2章 統語構造と音韻構造
第3章 強勢
第4章 音韻論と統語論の相互作用
第5章 音韻と統語の相関と類型論


第II部 英語の抑揚をめぐる諸問題

第6章 序
第7章 伝統的研究と記述研究
第8章 基本抑揚型の設定と抑揚の「意味」
第9章 英語の下降・上昇調と上昇調をめぐる諸問題
第10章 英語の音調句をめぐる問題

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集