出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 英語語法文法研究 第12号

英語語法文法研究 第12号

編著者:
英語語法文法学会 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-2062-9
発売日:
2005年12月15日
定価:
4,104円(税込)(A5・216頁)
戻る

内容

1994年創刊の「英語語法文法学会」の学会誌。現代英語の語法および文法研究に関する論文を多数収録し、個別言語としての英語の具体的な語彙や構文などの特性を明らかにする。語法ノートや書評なども掲載。年1回、12月刊行。

他の既刊号を見る

目次

[シンポジウム]
複合前置詞について 秋元 実治
コーパスから見たイディオム 赤野 一郎
意味上対をなす複合動詞と前置詞動詞のイディオム性 山本史歩子
On Productivity and Idiomaticity of NPN Constructions: A Corpus-based Study Tetuya Matsuyama

[論 文]
Give文の交替可能性について 明石 博光
原因・理由を表す接続詞の文法 ―構文文法的アプローチ― 金谷 優
until節における進行形について 衣笠 忠司
「理由」を表すon account of ―前置詞用法と接続詞用法― 住吉 誠
Happen to不定詞の様々な用法と「必然性の欠如」 田岡 育恵
look atとsee, watch 出水 孝典
A Reconsideration of Licensing Conditions on Subjunctive Present Clauses Tadao Nomura
受動操作による名詞句内部からの要素の摘出について 廣瀬 絵美
more/less than Xの構造・意味・用法について 八木 孝夫

[語法ノート]
助動詞wouldの隣接する3つの用法 柏野 健次
行為動詞が属性描写動詞に変わる時 ―中間構文とその発話の目的を通して― 北村 康晴

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集