出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 英語語法文法研究 第20号

英語語法文法研究 第20号

編著者:
英語語法文法学会 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-2070-4
発売日:
2013年12月25日
定価:
4,104円(税込)(A5・248頁)
カートに入れる 戻る

内容

1994年創刊の「英語語法文法学会」の学会誌。現代英語の語法および文法研究に関する論文を多数収録し、個別言語としての英語の具体的な語彙や構文などの特性を明らかにする。語法ノートや書評なども掲載。年1回、12月刊行。

他の既刊号を見る

目次

●20周年記念講演
非人称 it 構文―語法と文法の不可分な全体を構文に見る― 中右 実
斜めから見た英語語法文法学会―宛として牛の如きわが半百年の歩みを扱き交ぜて―  大沼 雅彦

●20周年記念寄稿
文と言説 児玉 徳美
My hobby is collecting stamps. / My job is to cure diseases.
 ―補語の形式を指定する主語名詞― 八木 克正
英語の本質を見つめ続ける語法研究 安井 泉

[論 文]
take it that 構文に関わる推論過程とその生起条件 五十嵐啓太
英語における軽動詞構文、同族目的語構文にみられる修飾関係について
 ―have a/an Adj drink, drink a/an Adj drink を中心に― 金澤 俊吾
否定辞を含む省略節の語順と機能 関 茂樹
心理形容詞の意味と従える補文標識 that の有無との関連性:
 surprisedとsatisfiedに焦点を当てて 土屋 知洋
動詞 eat の完結性 西脇 幸太
前置詞の目的語となる wh 節の名詞性について 濱松 純司
会話の含意から「クジラの公式」を読み解く 明日 誠一
at 構文の構文的拡張と誇張解釈 吉川裕介・五十嵐海理

[語法ノート]
Composite Noun Phrases and the Choice of Them vs. That Akira Nakamura
獲得を表す come by の用法 平沢 慎也

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集