出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 英語助動詞システムの諸相

英語助動詞システムの諸相
― 統語論・意味論インターフェース研究 ―

編著者:
金子義明 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-2144-2
発売日:
2009年3月24日
定価:
3,240円(税込)(A5・264頁)
カートに入れる 戻る

内容

本書は、生成文法理論に基づいて、英語の時制、相、法助動詞、ムード等の機能範疇に関わる現象を分析し、英語助動詞システムをめぐる統語論・意味論インターフェースの解明に取り組んでいる。主要なトピックは、助動詞システムを構成する機能範疇から見た節の基本構造、定形節・不定詞節・仮定法節等々の時制解釈の統語論と意味論、法助動詞解釈における統語論・意味論・叙述様式の相互作用、条件節と法要素の相関現象等々である。
市河賞受賞

目次

まえがき

第1章 理論的枠組みと節構造の概観
 1.1. はじめに
 1.2. 理論的枠組み
  1.2.1. 文法の枠組み
  1.2.2. 句構造
 1.3. 節構造概観
  1.3.1. 節の構造
  1.3.2. 接辞形態素の融合
  1.3.3. Tへの繰り上げ
  1.3.4. 文否定とDo支持
  1.3.5. 命令文の構造
  1.3.6. 仮定法現在節の構造
 1.4. まとめ

第2章 英語の時制解釈における統語論・意味論のインターフェース
 2.1. はじめに
 2.2. 時制解釈の基本的枠組み
  2.2.1. Reichenbach理論の概観
  2.2.2. 時制構造の形成
   2.2.2.1. 現在時制,過去時制,完了形
   2.2.2.2. 時の付加詞表現
   2.2.2.3. 未来表現
   2.2.2.4. 進行形
 2.3. 時の解釈における統語的特性
  2.3.1. 時の付加詞と統語構造
  2.3.2. 付加詞の特定性と統語構造
 2.4. まとめ

第3章 補文と非直説法節の時制解釈
 3.1. はじめに
 3.2. 不定詞補文の時制解釈
  3.2.1. 不定詞補文の時制解釈における制限
  3.2.2. 主節述語による時制解釈制限
  3.2.3. 助動詞haveと再順序づけ規則
  3.2.4. 不定詞補文の現在形未来表現
 3.3. 定形補文の時制の一致
  3.3.1. 時制の一致と関連現象
  3.3.2. 時制の一致現象に関わる三つの要因
  3.3.3. SOT現象の分析
  3.3.4. 二重接触現象の分析
 3.4. 命令文・仮定法現在節・仮定法過去節の時制解釈
  3.4.1. 命令文の時制解釈
  3.4.2. 仮定法現在節の時制解釈
  3.4.3. 仮定法過去節の時制解釈
 3.5. まとめ

第4章 英語法助動詞の統語論と意味解釈
 4.1. はじめに
 4.2. 生成文法による伝統的分析
 4.3. 根源的法助動詞の繰り上げ述語としての特性
  4.3.1. 態中立性
  4.3.2. 虚辞主語
  4.3.3. イディオム主語
  4.3.4. 等位接続と全域的抜き出し
  4.3.5. 4.3節のまとめ
 4.4. 根源的法助動詞による「主題標示」の語用論的性格
  4.4.1. 根源的法助動詞の「主題役割」の非語彙意味的性格
  4.4.2. 義務発話行為
  4.4.3. 個体型解釈の優位性
  4.4.4. 根源的法助動詞とθ基準
  4.4.5. 4.4節のまとめ
 4.5. 英語法助動詞の非多義的分析
  4.5.1. 英語法助動詞の多義的分析の問題点
  4.5.2. 法助動詞の単一的意味論
  4.5.3. 4.5節のまとめ
 4.6. 法助動詞とLF構造
  4.6.1. 二つのタイプのLF構造
  4.6.2. 態感応性
  4.6.3. 法助動詞と量化主語
  4.6.4. 法助動詞と定記述表現の不透明性
  4.6.5. 法助動詞と無冠詞複数形主語
  4.6.6. 4.6節のまとめ
 4.7. まとめ

第5章 法助動詞と条件のif節
 5.1. はじめに
 5.2. von Fintel and Iatridou (2001)の分析の概要
 5.3. 条件のif節とECP
  5.3.1. 認識様態の条件節と因果関係の条件節
  5.3.2. 遂行法助動詞を制限する認識様態のif節
  5.3.3. PfmP内要素としての認識様態のif節の帰結
   5.3.3.1. von Fintel and Iatridouの三つの問題点の解消
   5.3.3.2. Because節の分析への帰結
   5.3.3.3. If節の未来指示性の例外的現象への帰結
   5.3.3.4. 総称法助動詞とeveryの量化特性への帰結
  5.3.4. 5.3節のまとめ
 5.4. ECPの妥当性再考
 5.5. まとめ

参考文献
索引

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集