出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 「の」の文化ほか

「の」の文化ほか

編著者:
栗原裕 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-2164-0
発売日:
2011年10月1日
定価:
2,657円(税込)(四六・276頁)
カートに入れる 戻る

内容

「のです」の生態、5-7の生理、韻律論の基礎、声の幻想、物語の母にかんする覚え書き、文学の言語、叙事的フィクションの論理、表現学を考える、等の試論集。

目次

I 「の」の文化ほか

一 「の」の文化

二 声の幻想、幻想の声
 1 T・S・エリオットと詩歌の声
 2 ブース、ジュネットと物語の声
 3 態すなわち文法の声

三 英詩韻律論の基礎のためのノート
 1 麻布・青山・六本木
 2 五七調長歌謡と七五調長歌謡
 3 A red, red rose
 4 Break, break, break
 5 無音の弱音節の機能

四 母の神話―シェイクスピア悲劇の構図

五 幻想のなかの女性
 1 批評を楽しむ
 2 「金髪型」と「黒髪型」
 3 幻想のなかの女性

六 物語の母にかんする覚え書き

七 謎から諺へ


II 文学の言語

一 日常の言語と文学の言語

二 叙事的フィクションの論理
 1 小説文の特徴
 2 人称、時称、空称
 3 エンパシー

三 テクストの視線・聴線・思考線

四 物語の論理

五 フィクションの自立

六 フィクションの一つの文脈


III 文学批評論

一 創作者論の発生
 1 創作者への牽引
 2 イギリス文学批評史の場合
 3 認識のプロセス

二 アフェクティヴ・クリティシズム―スタンレー・フィッシュ
 1 第三階級の登場
 2 ニュー・クリティシズムを脱ける
 3 テクストに反応する読者
 4 テクストを生成する読者
 5 すべてを決定する解釈共同体
 6 解釈共同体の陥穽

三 フィッシュの「解釈共同体」の問題

四 読者論的批評の彼方

五 表現学を考える
 1 精神の自由
 2 制度としての表現


あとがき
初出一覧

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集