出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > Phase Theory and Its Consequences

Phase Theory and Its Consequences
― The Initial and Recursive Symbol S

編著者:
安井美代子 水口学 (編)
ISBNコード:
978-4-7589-2228-9
発売日:
2016年7月21日
定価:
5,400円(税込)(菊・176頁)
カートに入れる 戻る

内容

フェイズとその帰結に焦点を当てた獨協大学での言語学ワークショップと日本英語学会でのシンポジウムの発表を論文集としてまとめたものである。ミニマリスト・プログラムの枠組みに基づき、国内外から6名の言語学者が論文を寄稿し、様々な視点から、精力的にフェイズとその帰結を探っている。本書には、フェイズを取り込んだ理論の重要性を示すと同時に、ミニマリスト・プログラムにおける最新の知見が取り込まれている。

目次

目次を確認する

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集