出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 英文法の心理

英文法の心理

編著者:
中右 実 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-2265-4
発売日:
2018年12月7日
定価:
3,456円(税込)(A5・312頁)
カートに入れる 戻る

内容

長年にわたる英語研究の中で著者は、日本語と英語では〈道具〉と〈位置〉の理解の仕方が大きくずれるという事実に気づかされた。日英語は〈状況把握の仕方〉が違うのではないか。日英語は外的現実をどのように切り分けるのか。そもそも何が同じで何が違うのか。接点と分岐点は何か。従来の教科書英文法とは全く趣を異にする、首尾一貫した論法と実証の手順を踏まえた〈新英文法研究法〉を提唱する。

目次

第I部 日英比較
日英語は現実をどのように切り分けるか

第1章 序 説
第2章 日英語の〈道具〉と〈位置〉の見立て
第3章 英語は〈位置優位〉の言語

第II部 英語特論
英語の特異事例を探究する

第4章 空間認知と位置前置詞
第5章 同位空間のat ―理想的意味から多様な用法へ―
第6章 in the streetとon the street ―前置詞選択は英米語用法の差か―
第7章 〈道具〉はいつ主語になれるか
第8章 自動詞+前置詞は他動詞か ―目標指向動詞を中心に―
第9章 空間前置詞の時間用法
第10章 乗り物をめぐる見立ての論理

第III部 応用問題
英語母語話者の〈構文意識〉を査定する

第11章 構文意識の揺れ
第12章 usingを用いる被験者の実態
第13章  事例研究1―on roller skates構文―
第14章 事例研究2 ―経験と行為のcatch構文―
第15章 事例研究3 ―hide構文―
第16章 事例研究4 ―二つのwipe構文―
第17章 事例研究5 ―もうひとつのwipe構文―

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集