出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 言語はどのように変化するのか

言語はどのように変化するのか

編著者:
Joan Bybee (著) 小川芳樹 柴崎礼士郎 (監訳) 
小川芳樹 下地理則 縄田裕幸 中山俊秀 浜田啓志 長野明子 家入葉子 久米祐介 柴崎礼士郎 小笠原清香 深谷修代 山村崇斗 鈴木亮子 堀内ふみ野 (訳)
ISBNコード:
978-4-7589-2272-2
発売日:
2019年7月14日
定価:
5,940円(税込)(A5・464頁)
カートに入れる 戻る

内容

言語は、どのように、また、なぜ変化するのか。その変化の特徴を調べると、我々が言語活動において用いる認知プロセスと認知パターンの本質が見えてくる。本書は、用法基盤言語学の推進者であるJoan Bybeeが、150を超える言語の豊富なデータをもとに、音変化、類推変化、文法化、構文の創出と変化、語彙変化、統語変化等についての最新の研究とその知見を集積し解説した、言語変化についての入門書Language Changeの翻訳書である。

目次

第1章 言語変化の研究
第2章 音変化
第3章 より広い観点からの音変化と音韻変化
第4章 音変化と文法の間の相互作用
第5章 類推変化
第6章 文法化―その過程とメカニズム
第7章 文法化の共通経路
第8章 統語変化―構文の発達と変化
第9章 語彙変化―言語はどのように新しい語を獲得し、語はどのように自身の意味を変えるのか
第10章 比較、再建、および類型論
第11章 言語変化はなぜ起こるのか―内的要因と外的要因

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集