出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > ことばと論理

開拓社 言語・文化選書7
ことばと論理
― このままでいいのか言語分析 ―

編著者:
児玉徳美 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-2507-5
発売日:
2008年10月7日
定価:
1,728円(税込)(四六・208頁)
カートに入れる 戻る

内容

今日、大量の情報が流れているが、価値観の多様化や視覚優位の波をうけ、ことばの力はむしろ弱まっている。あいまいな思考、矛盾した論理、無責任な主張がまかり通っている。ことばが人間のあらゆる営為にかかわるとすれば、言語分析はことばに埋め込まれている人間の認知・思考・価値観・社会状況などに届くものでなければならない。ことばの復権とともに言語分析のあり方を探っている。
図書館協会選定図書

『開拓社 言語・文化選書』の一覧を見る

目次

はしがき

第1章 このままでいいのか言語分析
1 はじめに
2 仮想現実と偽装
3 時代を映すことば
4 言説の秩序
5 言語分析の課題

第2章 ラングとパロールの見直し
1 ラングとパロール
2 20世紀言語学の功罪
3 ラングを分析対象とする問題点
4 何を分析対象とすべきか

第3章 依存関係の見直し
1 依存関係考察の歴史
2 主要素と従要素の規定
3 依存関係と語順
4 依存関係の見直し

第4章 デフォルト解釈の見直し
1 推論過程におけるデフォルト解釈
2 文内の場合
3 文間の場合
4 談話の場合
5 おわりに

第5章 全体と部分の見直し
1 はじめに:問題の所在
2 分析対象:全体と部分の関係
 2.1. 全体と部分の極限
 2.2. 全体と部分を構成する要素間の対応関係
 2.3. 視点による違い
3 分析方法:全体と部分のズレはなぜ起きるのか
 3.1. 全体論と還元論
 3.2. なぜ視点や原理原則に違いが生まれるのか
 3.3. 従来の分析の問題点
4 言語学と人文社会科学
5 全体と部分の整合性

引用文献
索引

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集