出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 言語学から見た日本語と英語の慣用句

開拓社 言語・文化選書51
言語学から見た日本語と英語の慣用句

編著者:
石田プリシラ (著)
ISBNコード:
978-4-7589-2551-8
発売日:
2015年3月23日
定価:
2,052円(税込)(四六・232頁)
カートに入れる 戻る

内容

一般に「慣用句」と認められるものは、構成語・文法・意味の面で「固定的表現」である。しかし、日本語と英語両言語の慣用句の中には、固定度が高い「典型的なもの」から、固定度が低い「周辺的なもの」までがある。また、日本語とその他の言語の慣用句の対応関係を明らかにするために、個々の構成語の「比喩性」を比較する従来の手法のほかに、それぞれの言語において共通の意味を持つ句の使い分けを手掛かりに、個々の慣用句間の共通点・相違点を明確にする手法が有効である。

『開拓社 言語・文化選書』の一覧を見る

目次

目次を確認する

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集