出版案内
 辞書
 専門書
 大学用テキスト
 高等学校英語教科書
 高等学校英語教材
 高校生用学習参考書
 幼児・小・中学生用教材
 一般書・実用書
 その他
新刊・近刊情報 特約常備店
関連サイト
コトバの本の出版社の会 言語学出版社フォーラム
新刊紹介サイト ブックメール倶楽部
ホーム > 出版案内 > 漢字は日本でどう生きてきたか

開拓社 言語・文化選書68
漢字は日本でどう生きてきたか

編著者:
湯沢質幸 (著)
ISBNコード:
978-4-7589-2568-6
発売日:
2017年6月24日
定価:
2,052円(税込)(四六・232頁)
カートに入れる 戻る

内容

漢字はいつも私たちと一緒にいる、家族の一員のようなものである。いや、家族以上かもしれない。しかし、日本同様、漢字文化圏に属しているベトナムや韓国、北朝鮮では全滅した。どうして日本では今もなお健在なのか。そして、これからも生き続けていくに違いないのか。日本の漢字が日本語日本人に貢献している、その具体的な姿の分析を通して、そのダイナミックな生命力の源に迫る。

『開拓社 言語・文化選書』の一覧を見る

目次

目次を確認する

page top
開拓社 ENGLISH カートを見る ホーム お問い合わせ 原稿・企画の募集